キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

自分の価値観と他人の価値観は違うもの


とりあえずは、今のところ協力してもらうことになっている

「ブス評論家」である、4人の若者の紹介が終わりました。

 

一応、全員20代半ばである、ということだけ。

 

それにしても、女性であっても、男性であっても

ブスに対するスタンスというのは、大きく違いがあるようですね。

 

 

男性であれば、「ブスに対して」どう思うのか

女性からすれば、「ブスである自分に対して」どう思うのか

 

そもそも、異性であることから

<当事者としての立場><当事者ではない立場>

最初から、見ている価値観というものが異なります。

 

しかしながら、同じ女性であっても異なる考え方が存在するようです。

 

他人の評価はどうしても気になってしまうもの

 

ただ1つ間違いない事実として、

 

「ブサイクであることに悩んでいる」

 

ということは、

 

「人からどう思われているのか」が気になる、ということです。

 

具体的には、「悪く思われているのでは?(思われているだろう)」

 

という気持ちが、非常に大きなものであるはずです。

 

いわゆる「評価」というものです。

 

「自分がいいと思う道なら、人の意見は気にするな!」

 

という格言のようなものは、よく聞かれるものですが

ブスというのは、<自分で選んだ状態ではない>ということもあり

どうしても「自分の容姿を、人がどう思っているのか」ということは気になるものです。

 

感情によっても評価は異なる

 

考えてみれば、当然のことです。

 

「自分でも分かるくらい、容姿で劣る」ということは

年をとればとるほど、思春期を超えてからは一気に

その思いは、肥大していっているはずです。

 

しかしながら、その<評価>というのは「自分で思っているもの」と

「他人が思っているもの」では異なること・内容も多いようです。

 

自分は「太っていることに悩んでいる」としても

  • 太っていてもいい・太っている方がいい人もいる
  • 実際には、それほど太っていない

 

こういった、見方もできるわけです。

 

これらは、微妙にニュアンスが異なるものになりますが

「自分の価値観」と「他人の価値観」もまた、異なるものになります。

 

事実、私は

  • やつれている
  • 目が細い

 

という特徴を持つ<幸薄女性>が、非常に好みです。

 

なぜか?というと<色っぽさ>となりますが

詳しくは、またの機会にお話ししようと思います。

 

要するに「好み」というものであり

まさに、この「評価」が最も気になる場面が「恋愛」です。

 

ブサイクに生まれた女性が、避けることのできない「恋の悩み」

避けては通れない問題は、早めに語ってもらうとします。

 

この記事に関連する記事一覧