キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

不細工だから恋をするのが怖い?自分を磨いて経験するしかない!


ブスもをします。

 

人を好きになります。

 

ただし、「あらゆることに積極的になれない」というのは

コンプレックスを抱えた女性全てに共通するものであり

こと「恋愛」に対するスタンスや、その<結果>というのは

ブスにとって、非常に切ないものでもあることも多いです。

 

 

消極的になる必要はないけど、「自信を持つ」ことが難しいことは事実であり

恋が持つ様々な要素への、向き合い方が非常に重要になります。

 

臆病になるのはしかたがないけど

 

容姿に自信がない女性というのは、

どこかに「自分なんか」という気持ちを持っている傾向があります。

 

これは<無意識>であることも多いはずですが・・・

  • 好きになっても仕方がない
  • いまくいくはずがない
  • 自分なんかが青春していたら恥ずかしい

 

ただでさえ、<恋バナ>は恥ずかしいものですが

「不細工である自分が恋について語っている」ことに関して

 

なんとも言えない、恥ずかしさ・切なさが沸いてくる人は多いのではないでしょうか?

 

こういうところが、ブスが損であることは否定できません。

 

経験できるまで磨き続ける

 

確かに、勝率は低いです。

 

そもそも、恋に勝ち負けなんてないはずですが

ふられたり、かわいい子が恋をエンジョイしていたりすると

何とも言えない、悔しさ・恨み・嫉妬が沸いてきます。

 

でも、「若い時は仕方がない」と思いましょう。

 

そりゃ、若くてかわいい子は圧倒的に有利です。

 

でも必ずしも、イケメン・お金持ちが美人と結婚しているとは限りません。

 

逆もまた然りです。

 

30歳以降の女性・男性の「恋の行方」を見るに

「多少のブスは、なんの問題もない」気がします。

 

安定した職業についていて、すご性格もよくても

奥さんになる人が「私と同じ種類(ブス)じゃん!」ってことは多いです。

 

あくまで、「結婚」をゴールとするのであれば

<結婚適齢期になってから>こそが、勝負であり

それまでに<いい歳の取り方>をしておくことが大切なのではないでしょうか?

 

頑張りましょう。

 

決して、拗ねてはいけません。

 

余計にブスになります。

 

結局、若い頃の恋愛なんて関係ありませんよ。

 

ただし自分を大切にすること

 

とは言っても、恋を楽しみたい人も多いはずです。

 

もちろん、「経験」も大切でしょう。

 

<結婚>といったことを抜きにして、ただただときめきたい

<人生は恋で彩られる>と思う方がいることも、否定できません。

 

でも、前向きになれない。

 

ブスって、本当に大変です。

 

そりゃ、正確も曲がります。

 

そして、そういったところにつけこむ男性もいます。

 

「結婚詐欺」に合うのは、男も女も圧倒的に不細工が多いです。

 

それにはやはり、「こんな自分に」という気持ちがあるはずです。

 

自分を大切にしましょう。

 

好きでもない男と付き合ったり、

 

ということも、<経験知的には欲しい>かもしれませんが、、、

 

なんとも言えませんね。

 

ブスなのに、調子にのって偉そうにスイマセン、、、

 

自分を好きになってくれる人は大切にして、それがもし両想いなのであれば最高ですね。

 

ただし、<確率が低い>ことは、事実です。

 

でも頑張るんです。

 

この記事に関連する記事一覧