キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

たとえブスでも勉強する意味はあるし頑張ることに越したことはない


「女は中身より見た目だ」

 

「所詮ブスは、勉強しても意味がない」

 

「ブスだから、せめて頭がよくないと」

 

どっちなんだよ、と思うことが多いですよね・・・

 

でも、結局は<人に言われる筋合いはない>

学びたいことがあれば、学ぶだけです。

 

それがスポーツでもいいと思いますし。

 

ただし、「見返してやる!」という気持ちで勉強するのは

ちょっと違うのかな、と思います。

 

 

大切なことは、勉強をはじめとした努力を

「何をするか」でなく、「どこでするか」なのです。

 

<コンプレックスをバネにして>という言葉はよく聞くものですが

何かに対抗するために、何かを頑張ることは

あまり健康的な動機であるとは、言えないはずです。

 

「受験」とか「テスト」とかは、そもそも「見た目」は関係ありません。

 

いいか・悪いか、<結果>でのみ、評価されるものです。

 

人がどう思っているか、認められたい、ということのために

勉強するのは、ただ虚しいだけなんじゃないかな?と思います。

 

不利なのは確かだが

 

そうは言っても、問題は社会に出てからです。

 

これを読んでる学生さん、世の中はもっと残酷ですよ。

 

「仕事」がからむと、いい面・悪い面が増長していきます。

 

というのは、

 

露骨にブスが評価されづらい場合と、ブスでも結果を出せばいい

環境によって、どちらかに大きく振れることが多いと思います。

 

男性を中心に、そもそも世の中は美人に甘いものです。

 

美人はハードルが低く、ブスはハードルが高いものです。

 

これは事実ですよね???

 

実際、ブスじゃないと分からないと思いますが・・・

テレビ等でも、<カリスマ読者モデル>なんかが

料理していると、なぜだか評価されます。

 

ブスも料理をします。

 

受け入れるしかないこともある

 

そもそも、ブスは「受付嬢」にはなれません。

「権利」はあるはずですが、「無理」でしょう。

 

これは「差別」ではなく、「相応しくない」からです。

 

男女平等とは言いつつも、そういうところって結構あります。

 

また、警察官になるためには、

「女性は身長155cm以上、体重45kg以上」が必要だそうです。

(男性の場合は、160cm以上47kg以上)

 

これも、犯人を取り押さえたり、「なめられなり」しないためです。

 

体重は、なんとかなるかもしれませんが、

大人になってから、身長を伸ばすことは難しいです。

 

<努力ではどうしようもないこと>は、仕方がないです。

 

受け入れましょう。

 

そして、考えましょう。

 

チャンスがあるところで努力するべし

 

「配られたカードで戦うしかない」というのは

<スヌーピー>が、物語で言った名言であり

「ポーカー」や「麻雀」等にも、まさしく当てはまりますが

実際の世の中も、同じことが言えます。

 

 

ブスに生まれてしまったのです。

 

だからこそ、<ブスでも評価される場所>を探して

<相応しい努力>とする必要があります。

 

「ブスでも輝ける舞台」

 

なんとも、悲しい響きです。

 

でも、見つけるしかありません。

 

そして、その場所で人一倍努力する必要があります。

 

まあ、文句を言っていても仕方がないわけです。

 

ブスだから、考えるのです。

 

この記事に関連する記事一覧