キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

可愛くなれば気持ちも前向きになるのは事実である


「ブスは、見た目が衰えている分、中身を磨かなくてはいけない」

 

そういった意見は、何度も聞いていますし

まあ、確かに「ブスで性格ブス」より「心優しいブス」の方がいいですよね。

 

でもね、

 

「中身では越えることができない壁がある」

 

と私は思んですよ。

 

 

どんなに内面を磨いても、

見た目が影響しないことに対して、努力をしてとしても

やっぱり、「でも、ブス」という注釈がついちゃうと思うんですよ。

 

場合によっては、「ブスのくせに」くらいまでいくはずです。

 

<被害妄想>と言う人もいるかもしれませんが

<ブスを見る目>で見られることがない人にはこの感覚は、分からないはずです。

 

それでも、「中身」も「外見」も、磨かないより磨く方がいいんですよね。

 

そして、その途中で<いじけない>ために

見た目というのは、女性にとってとても大切な要素であるはずです。

 

徹底的に磨いてみる

 

私のように、すぐに整形手術を決断できる人は少ないと思われます。

 

<ブスであることに耐えられない>以上に

自分の体にメスを入れる、生まれついたカタチを

変えることに対して、抵抗がある人の気持ちも分かります。

 

というより、そういった人の方が多いですよね。

 

だから、「さっさと整形すれば?」とは言えません。

 

だとすれば、最大限の改善策アプローチを施すしかありません。

 

「ブスは何をしても無駄」

 

「そもそも土台が悪いのに」

 

そういった意見も多いです。

 

私も、そういった思いが強いです。

 

だから、整形手術を受けたのです。

 

でも、やっぱり

 

「受けることができる人(いろいろな意味で)」が少ないのであれば

それはそれで、解決策を見つけなければなりません。

 

美人よりも努力するという当たり前のこと

 

一般的に「美容法」と呼ばれているような

基礎的なスキンケア・ボディケアをはじめとして

「メイク術」といったものは、無限に存在します。

 

だって、<美人>であっても、少しでも向上させようと日々、努力を重ねているんですよ?

 

ブスの方が、改善策・ポイントが多いに決まっているじゃないですか。

 

ちなみに、上記したようなパーツの状態を高める<美容法>と

塗って・ごまかす<化粧法>は、分けて考えましょう。

 

根本的要素を向上させることに加えて、たとえ<ごまかし>であっても

<一時的によく魅せる>技術は、ブスにとっても美人と同じく大切になります。

 

むしろ、根本的に土台がよくないからこそ

うまくごまかす術を磨くことが、非常に重要になります。

 

とにかく、できることはたくさんあるんです。

 

私も、「土台が悪いから意味がない」という気持ちが強く

 

最終的には、整形手術を受けましたが

今となっては、「しなくても向上できることはあった」と思います。

 

もちろん、後悔はしていませんが。

 

ブスは、どうしても悲観的になってしまいう傾向があります。

 

というより、事実、悲しいものです。

 

「顔の骨格」といった、<どうにもならないこと>がある

 

こういったことも、忘れてはなりません。

 

でも、やるしかないです。

 

悲しくならないように、頑張るのです。

 

そうすれば、少しでも前向きに・優しくなれるはずです。

 

この記事に関連する記事一覧