キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

ブサイクなことにはメリットはある?


ないです。

 

今まで「そのままでいい」なんて言ってきた私ですが、

ブスであるメリットなんて、そんなものはないですよ。

 

おそらく、ブスと自覚して焦っている方や

「俺の彼女ブスかも?」と思っている方は

いろいろ「ブス メリット」とか、調べていると思いますが

 

そんなものは、ありません。

 

 

まあ、期待もしていないと思いますが・・・

今回は、ちょっと(というかかなり)ネガティブな話題ですが

ネガティブなスタートほど、「幸せ」を感じやすいメリットについてです。

 

ほとんど「プラス」にしかならない

 

ブスであることは、デメリットの方が圧倒的に多いに決まっています。

ですが、<マイナス>ということは、あとは<足す>ことしかないです。

 

これは<これ以上ないブス>であるほどに、

オシャレ・美容術の効果というのは、見えやすいのかな、と思います。

 

「伸びしろ」という言葉は、一時ブームになりましたね。

 

有名なアスリートが言っていました。

 

そうは言っても、あれは高いレベルの話ですが

<絶対的に低いレベル>であるほどに、伸びる要素・幅が大きいはずです。

 

美人にはない強みを活かす

 

美しい人というのは、美しさが損なわれることを異常に恐れるようです。

 

そういった<恐怖>がない事も、ブスのメリットではありますね。

 

お金持ちほど、失った時のことを考えて震えるようです。

 

貧乏であれば、そんなこと想像もしないはずです。

 

そう考えると、「貧乏なブス」は最強かもしれません。

 

これ以上は悲しくなるので、ここまでにします・・・

 

「もう、どうにでもなれ」という精神の人ほど、うまくいくという話も聞きます。

 

<どん底から這い上がる>喜びは大きいはずですし。

 

「容姿」に関しては、根本的な、劇的な変化は難しいものですが

確かに、<ちょっと綺麗に見える喜び>というのは、大きいと思います。

 

これって、幸せなことかもしれません。(<絶対的な現実>は変わりませんが)

 

美人の人が、ニキビ1つで大騒ぎするより

ニキビが1つなくなる喜びが大きい方が、人生が楽なものです。

  • 精神的にいろいろ楽
  • <チヤホヤ>を最初から期待しない
  • ちょっと綺麗になると大喜び

 

「小さな幸せ」を、最大限に感じることができる

 

それこそが、ブスであることのメリットなのではないでしょうか?

 

幸せの概念・尺度は、結局1人1人違うものです。

 

この記事に関連する記事一覧