キャバクラと風俗の求人のまとめ

ブスだけどキャバクラとか風俗で働きたい!

ブスだろうが人生は楽しまなければ損である


自分の容姿にコンプレックのある人というのは、どうしても「自意識過剰」になりがちです。

 

「そんなこと言うから、余計に気になるんじゃん!」

 

という意見もありそうですが・・・

 

最も長い付き合いになる「自分自身」が、自意識過剰にならないわけがないのです。

 

そして、自意識過剰な人間というのは

逆に人に見て欲しい・認めて欲しいという欲求も

同時に兼ね揃えているものでもあります。

 

 

難しい言葉を使えば、「承認欲求」ということになりますが

「私はブサイクだから見られたくない」ということは

間違いなく、自意識が膨張している状態であり・・・

 

いずれにしても、コンプレックスのある人間というのは

自意識と承認要求の、少なくともどちらかが大きいものです。

 

そして、劇的に変えることにできない顔や容姿に関わるコンプレックスは

一生付き合っていくしかない問題でもあります。

 

認められる喜びを知ろう

 

これは何もブス(容姿)に限ったことではなく、

何らかのコンプレックスを持った人全般に言えることですが

どうしても「拒絶」「諦め」という段階を、一度は経ることになります。

 

どうにもならないから、努力をしない

 

私なんて・・・というやつです。

 

一方で、当サイトのライター達の意見というのは

  • そのままでいい
  • 努力すべき
  • 活かす

 

といった、アプローチの差こそあれ

より充実した人生にするために、積極的に働きかけていくことを提案しています。

 

やはり、人生は楽しまなければ損です。

 

大変だけど頑張ろう

 

そして、努力してコンプレックスを克服したことで

前向きに生きている人というのは、もとはどうあれ美しいのです。

 

もちろん、コンプレックスがあることによって

<卑屈なまま生きる>人が大半であることも事実です。

 

そしてそういった人というのは、いわゆる「ダークサイド」に落ちやすいものです。

 

残念ながら、コンプレックスのある人間というのは

根本的にあらゆるリスクが大きなものです。

 

もちろん、そのコンプレックスが大きいほどにリスクが大きくなることも事実です。

 

しかしながら、そういった厳しい状況であっても

楽しめるかどうかが大事であり、「ブスはエキサイティング」なのです。

 

「人生を本当に楽しんでいるブス」

 

険しい道のりですが、そんな人生を歩んでいきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧